潜在意識が連れてくるもの

ブログ

潜在意識は、良いと思ったら、
何でもします。

潜在意識にとって、
良いとか悪いは、ありません。

私の潜在意識は、
私にとって良いと思うことなら、
いろんなものを連れてきます。

例えば、
これはよく例に出す話ですが、
私は昔々、とても忙しくしていました。

24時間、ずっと仕事をしているような感じでした。
実際は、24時間持続することは難しいでしょうが、
そんなイメージだったということです。

そこで、潜在意識は、何を私にさせたいかというと、
私を ”休ませたい” のです。

忙しすぎる私を、
数日でも良いから、休ませたい。

これが潜在意識の、一つの目的。

でも、この一つの目的を
単純に持ってきても、この人(私)は
素直に休まないだろうと言うことを、
潜在意識は知っています。

そこで、頭の良い潜在意識は、考えます。

じゃあ、この人(私)を休ませるためには、
何をしたら良いだろう?

と。。。。

で、
潜在意識は、思いつきます。

そうだ!
この人(私)を喘息にしたら、
嫌でも休むだろう。

と。

で、私は、喘息になり、
見事休むことができました。

と言う話。

これは、苦しいですよね。

でも、潜在意識にとって、
喘息が悪いとは思っていないので、
どころか、
休ませるための絶好の道具と思っているので、
喘息を連れてきちゃうのです。

これは、私にとっては、たまったもんじゃありません。

だったら、変えれば良いのです。

どうしたら変えられるか?
変化を起こせるか?

それは、顕在意識で気づくだけでOK!

何に気づく?

もちろん、
潜在意識が私を休ませるために、
喘息を連れてきた。
と言うことに気づくだけでOK!

あとは、意図するだけ!

私は、健康な状態でも、ゆっくり休めると言うことを!

そして、今、
私は、時間に追われることなく、
のんびりと過ごすことができています。

marron

14,143 views

マロンです。 アメリカ在住の100%日本人です。 スピリチュアルエネルギーワーク 『太陽シリーズ』の創始者。 アメリカと日本で セミナー・ワークショップを開...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。