嘘のような本当の話〜太陽のアカシックレコードリーディングを使ってPart2〜

セッション

以下は、
『太陽のアカシックレコードリーディング』を使うと、
こんなによく見えるんだ、とか、こんなによくわかるんだ、
とか、人助けにもなるんだということがわかる記事(Part2)です。

嘘のような本当の話です。
(個人がわからないように、国名や地名、名前は変更しています)

前半までの話は、前回のブログをごらんください。

前回までのリーディングで、
アメリカのシアトルに行くはずのA子さんが、
途中の韓国で行方不明になっていることがわかりました。
見知らぬ怪しい男性たちにどこかに連れて行かれて、
閉じ込められているようでした。

しかも、友人のリーディングと私のリーディングが、
一致していたので、検証もできました。

A子さんのご両親は、警察や外務省に連絡済みでしたが、
どうすることもできません。
警察などの機関に頼るしかなく、
新しい情報を待つしかないのです。

そこで!

私と友人は過去と未来を創造することにしました。

私と友人は、サイキックヒーラーです。
過去が変えられることを知っています。
未来を変えられることを知っています。

私はアメリカのカリフォルニアに住んでいます。
友人は日本に住んでいます。

それぞれの場所で、
過去と未来を創造しなおしました。

まず、何年も先のA子さんの未来をリーディングした時に、
彼女は、とても有名な知識人になっていました。
社会に役立つ新しいことをしていました。

それで、今に戻り、韓国で怪しい男たちに連れ去られたA子さんの
ハイヤーセルフと話しました。

『いま、あなたはこんなところで死ぬんじゃない。

こんな形で死ぬんじゃない。

もっと先の未来で、大活躍をする。それはとても必要なことだから、

こんなところで終わりになるんじゃない!

その未来は、もうすでに決まっている!』

とハイヤーセルフに伝えました。

 

するとですね!

びっくりなのですが、いきなり現実が変わりました!

リーディングで、韓国の空港が見え、
近くの警察が見え始めました。
韓国の警察が、A子さんを助けるために動いたのです!

私は慌てて、日本の友人にテキストメッセージで
その情報を伝えると同時に、
日本の友人が、同じ内容のテキストメッセージを
私に送ってきました!

わかりますか?

アメリカの私も、日本の友人も、同じ場面を同時に見たのです!!!
韓国で警察がA子さんを助けるために動き出したことを!

その数時間後、ご両親から、無事、
A子さんが救出されたことという連絡が入りました。

私と友人は、
私たちが未来を変えたと信じています。
私たちが、A子さんを救ったと、固く信じています。

本当は、ここでは書けない、
もっとひどい場面などもリーディングで見えました。
その男性たちが、何を仕事にしているかも見えました。
私は、映画よりも恐ろしい現実があることに、
衝撃を覚えました。

ただ、ここで伝えたいのは、
私たち一人一人が、現実を変える力があるということです。

何を信じるか。
それがとても大事!

marron

8,029 views

マロンです。 アメリカ在住の100%日本人です。 スピリチュアルエネルギーワーク 『太陽シリーズ』の創始者。 アメリカと日本で セミナー・ワークショップを開...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。