グラウンディングできていないと、どうなるか?

マロンのブログ

グラウンディングのお話。

グラウンディングができない
とか、
グラウンディングしていない
とか、
そんなこと、よく言われますよね。

確かにグラウンディングすることは、
とても大事だし、
地球に生まれて来たという時点で、
地球にグラウンディングして生きる方法を
選んだということです。

さて、グラウンディングしないって
どういう状態だと思いますか?
そして、その先、どうなっていくと思いますか?

例を挙げてみます。

例えば風にそよぐ凧を思い浮かべてみてください。
そう、カイトです。

そのカイトの糸が切れたと想像してください。

これがグラウンディングができていない状態です。

そのカイトは、風があれば風に揺られてあてもなく
飛んでいきます。
風のないときは、あてもなく、
地面に落ちたり、木の枝や電線に引っかかったりします。

グラウンディングしていないと、
あてもなく、あちこち揺られます。
風があるときは、周りの影響をたくさん受けるときは、
自分の意思とは関係なく、影響を受けるまま、
動かされていきます。

これがグラウンディングができないでいると、
起こってくる現象です。

また、風がないときに、地面に落ちたり、
電線や木の枝に引っかかったりするのは、
周りの影響を受けないときは、
これまた、自分の意思とは関係なく、
行き当たりばったりで
出会った人にくっついていきます。

風が吹くと、また目的もなく次の場所へ・・・。

グラウンディングしていない生き方も、
ある意味で、アリかもしれませんが、
なんだか心もとないですね。

 

marron

9,334 views

マロンです。 アメリカ在住の100%日本人です。 スピリチュアルエネルギーワーク 『太陽シリーズ』の創始者。 アメリカと日本で セミナー・ワークショップを開...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。