『太陽のアカシックレコードリーディング』を使って、こんなこともできます

マロンのブログ

アメリカに戻ってくる途中、
デトロイトでの乗り換えの時のこと。

乗り換え時間はたっぷり4時間あったので、
空港でラテでも飲みながらパソコンでもやろうと、
余裕の気分。

とりあえず乗る予定のフライトをボードでチェックすると、

なんと、
私のフライトが、なんだかおかしなことになっているではないかっ!

みるみるうちに、キャンセルの表示がつきました。

なんとぉ〜、フライトがキャンセルに。。。。。

ど、ど、どうしよう。。。

そこで、『太陽のアカシックレコードリーディング』を使って、
リーディングをすると。。。。。

あれ?
飛行機に乗り込む私が見える!
ゲートでチケットを「ぴっ!」とやって、
乗り込んでいく私が見える。
しかも、なんだか、私は乗り込む中の最後の一人という感じ。

でも、乗れるんだ!
と、ひとあんしん。

いや、リーディングして結果を見て、安心しているだけではダメです。
行動しよう!

とりあえず、インフォメーションに行って、
私のフライトがキャンセルになったことを伝えると、
次の日のフライトのチケットを発行してくれました。

え?

おいっ!

これじゃ、今夜は、
デトロイトの町のホテルをとって一泊するか、
それとも空港で一泊するかのどちらかじゃないかっ?

さっきのリーディングは、そういう風には見えなかった。
今日じゅうのフライトに乗りこんだ様子でした。

もう一度リーディングして見ると、やっぱり本日中のフライトに乗っています。

フライトスケジュールを見ると、今日のフライトがあと1便残っているじゃないかっ!

すかさず、インフォメーションに行って、問い合わせると、
その今日の最後のフライトは、すでに満席だという。
ここで引き下がってはいけません。
アメリカは、言わないと進まない国です!
言い換えると、言えば、進む国です!

「キャンセル待ちするから切符を発行して!」
とお願いすると、
しょうがないな~という感じで、キャンセル待ちの切符を発行してくれました。

だって、私、見えてるんだもん、自分が乗れることを!

そして、最後のフライトの時間が近づいてきたので、
ゲートに行き、
ゲートの前の係りの人に切符を見せました。
「あ〜、あなたキャンセル待ちなのね、今日は満席だから無理よ」
と言われたけれど、
しばらくゲートで待つことにしました。
切符を取っている人が、全員チェックインして乗り込むとは限らない!

それに、何て言ったって、私、
リーディングで見えてるんだもん、乗れることを!

しかも、私と同じような人が、4、5人、
私と同じような質問をして、同じような返事を受け取っていました。
みんなキャンセル待ちの様子。

搭乗の案内が始まり、
チェックインした人たちが次々に乗り込んで行きます。

最終コールも終わり、
「搭乗予定の人、もう誰もいませんか〜?」と係りの人がアナウンスした後、
数秒後、キャンセル待ちの人を呼び出す案内が始まりました。

キャンセル待ちをした時に名前を登録しておいたので、
順番に呼ばれます。
一人目、、、私じゃなかった。
二人目、、、、も、私じゃなかった。。。

三人目、、、、やった!呼ばれました!

私の後ろに、もう一人、呼ばれた人がいました。

キャンセル待ち四人が、乗ることができました!
飛行機は、すでに満席だと言われて、帰ってしまった人も、
何人かいました。
でも、キャンセル待ちをして、無事に乗れた私もいます。

現実は、何が起こるかわかりません。
自分が信じている通りのことが、起こります!

めでたしめでたし!

marron

9,334 views

マロンです。 アメリカ在住の100%日本人です。 スピリチュアルエネルギーワーク 『太陽シリーズ』の創始者。 アメリカと日本で セミナー・ワークショップを開...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。